fbpx

候補者に興味を持ってもらい、募集につながる採用ページを作りたい

CIY®ワーク

活用
事例

課題

採用ホームページが大切と聞きますが、どんな内容を掲載すれば良いかわかりません。

無料で採用ホームページができるサービスはたくさんありますが、見てもらった人の応募につながるようなコンテンツを考えるのが、難しいと感じています。

応募につながる採用ホームページの作り方を教えてもらいたいです。

CIY®活用ポイント

  • CIY®ワークに掲載すると、無料&自動で採用ページが作成できます
  • 企業&職種診断の結果から、企業の特徴や仕事の進め方が自動で表現されます

活用事例

自社の情報発信して、求職者の方に興味を持ってもらうことが大切、という話を最近によく聞くのですが、採用ホームページをうまく活用できていませんでした。

最近は、無料で採用ホームページが作成できるサービスの営業がよく届くので、試しに作ってみましたが、自分で見ても内容が薄いと感じていました。

採用ホームページというよりも、発信する情報の方が大事なんだな、と実感しました。

無料で求人掲載ができるCIY®ワークのことを知って、無料求人掲載にも惹かれましたが、「候補者に響く採用ページまで無料で作成される」という点に興味を持ちました。

 

⬆完全無料の求人サイト「CIY®ワーク」のサービス説明資料より

無料なので気軽に試せたのも良かったですね。

求人情報を登録するときに「企業&職種診断」という診断を受ける必要がありました。
自社のことや、募集をかける職種について、回答をしていく診断です。

求人掲載が開始すると、採用ページが自動的にできあがっていました。

その中にさきほどの「診断」で回答した内容が、

  • 企業の特徴
  • 仕事の内容・進め方
  • こんな人は向いています

という3つの項目で表示されていました。

グラフやチェックリスト形式で表現されているので、とてもわかりやすいと感じました。

この内容や見せ方のデザインは、20代の求職者のインタビューを元に作られているとお聞きして、納得しました。

この採用ページを積極的に活用させていただき、採用活動を進めています。

あわせて読みたい、
その他の事例