fbpx

更新:2022.03.04|公開:2022.02.24

CIY®1分動画シリーズ「面接で応募者の回答を深堀りする」編

▲動画には音声がついています。音を出したくない方はミュートにして再生してください。

面接で応募者の回答を深堀りする

面接質問の2パターン

面接には2つの種類があります。
1つ目は基本質問、2つ目は深堀り質問です。

基本質問は、応募者の
・基本的な経歴
・志望動機
・就職、転職活動状況
など基本情報を聞く質問です。

深堀り質問は、応募者の
・思考
・それに至った背景
・体験談
などを引き出す質問です。

深堀り質問のポイント

でも、どうやって深堀り質問をしていくのでしょうか?

ポイントは2つあります。

  • なぜ?どうして?などの理由を問う「Why?」
  • なにを?どのように?で深ぼる「What?」

です。

例えば、

「前職(アルバイト)では、どのような仕事内容だったか教えて下さい。」

▼深堀り▼

「何に力をいれて頑張ってきましたか?」

▼深堀り▼

「なぜそれを頑張ろうと思ったのですか?」

▼深堀り▼

その経験を、今後どのように活かしていきたいですか?

のように、質問の回答を、「なぜ?」「何を?」「どのように?」などで、深堀りしていきます。

深堀り質問で、面接満足度UP!

こうすることで、応募者のことを理解しようとする姿勢が伝わり、応募者の面接満足度も高くなります。

  • なぜ?どうして?などの理由を問う「Why?」
  • なにを?どのように?で深ぼる「What?」

を使って、深堀り質問をしていきましょう。

執筆・監修者

採用・人事コンサルタント
福田雅敏

2010年、リクルートグループに新卒入社し、中小企業から大手企業の採用コンサルティング事業に従事。
これまで200社以上の採用を支援し成功へ導く。
就活生向けのコーチングやNewsPicks エキスパートとしても活動中。
Twitter:@FUKU_MASA

関連記事