fbpx

CIY®適性検査による離職率低下の費用対効果分析

CIY®をご利用いただいた企業様の、入社後の定着率データから、離職による損失をどのぐらい抑えることができ、収益改善につながるかのシミュレーションを行いました。

計測期間:2021年7月〜2022年3月

結果

  • 採用者1人あたり約7.5万円の採用コストダウン
    (10人採用すると74.9万円の収益改善)
  • 300人規模で年間34.5人の採用をする企業では、離職による損失を年間258万円削減

適性検査の完了率

CIY®からの応募者:155人 → 応募後の適性検査完了人数:149人

適性検査完了率:96.13%

CIY®活用後の定着率

採用人数 内定時期 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
A社(士業):4名 2021年9月 100.00% 100.00% 100.00%
B社(士業):1名 2021年9月 100.00% 100.00% 100.00%
C社(B-B):1名 2021年11月 100.00% 100.00%
D社(製造):31名 2021年9月〜12月 100.00% 100.00%
E社(教育):1名 2022年/3月
合計:38名 100.00% 100.00% 100.00%

採用から最長6ヶ月しか経っていないため、12ヶ月以上の定着率データは取れておりませんが、6ヶ月以内の定着率は100%となっております。

費用対効果分析

パターンA(大手企業 想定)

1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
一般 離職率 94.80% 90.10% 89.20% 84.70% 72,40% 61.80%
 ├コスト(採用単価) ¥1,034,500 ¥75,000 ¥225,000 ¥225,000 ¥225,000 ¥225,000 ¥225,000
 ┗ロスト ¥57,694 ¥124,691 ¥136,026 ¥192,704 ¥347,622 ¥481,129
CIY® 離職率 100.00% 100.00% 100.00% 90% 80% 70%
 ├費用 プレミアム ¥39,800 ¥39,800 ¥39,800 ¥39,800 ¥39,800 ¥39,800
 ┗費用対効果 ¥17,894 ¥84,891 ¥96,226 ¥152,904 ¥307,822 ¥441,329

算出根拠

コスト(採用単価):
リクルート社の調査による2019年度の新卒1人当たりの平均採用コストと中途1人当たりの平均採用コストの平均値採用にかかる人件費(1人あたり)平均5万円 + 入社後3ヶ月の社員に対する教育・マネジメントコスト平均7.5万円/月(4ヶ月目以降は¥0)

離職率:
リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査2020」による調査データ
CIY®の2021年7月〜2022年3月までの内定後データ

費用対効果:
CIY®プレミアムプラン利用費ー ロスト(採用コスト×離職率)

12ヶ月目以降:
CIY®のデータが無いため10%とずつ離職率が上がると仮定して算出(グレーで記載)

算出根拠の1人当たり平均採用コスト(新卒¥936,000+¥1,033,000)が中小企業の現実と乖離しているため、採用コストを下げたBパターンを策定。

パターンB(中小企業 想定)

1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
一般 離職率 94.80% 90.10% 89.20% 84.70% 72,40% 61.80%
 ├コスト(採用単価) ¥534,000 ¥75,000 ¥225,000 ¥225,000 ¥225,000 ¥225,000 ¥225,000
 ┗ロスト ¥31,668 ¥75,141 ¥81,972 ¥116,127 ¥209,484 ¥289,938
CIY® 離職率 100.00% 100.00% 100.00% 90% 80% 70%
 ├費用 ベーシック ¥6,980 ¥6,980 ¥6,980 ¥6,980 ¥6,980 ¥6,980
 ┗費用対効果 ¥24,688 ¥68,161 ¥74,992 ¥109,147 ¥202,504 ¥282,958

算出根拠

コスト(採用単価):
マイナビ社の調査による新卒1人当たりの平均採用コストと中途1人当たりの平均採用コストの平均値 採用にかかる人件費(1人あたり)平均5万円 + 入社後3ヶ月の社員に対する教育・マネジメントコスト平均7.5万円/月(4ヶ月目以降は¥0)
入社後3ヶ月の社員に対する教育、マネジメントコスト平均7.5万円/月(4ヶ月目以降は¥0)
※コスト以外は「Aパータン」と同じ

中小企業における、6ヶ月時点でのCIY®の費用対効果は、1人あたり¥74,992と算出されました。

採用者1人あたり約7.5万円の採用コストダウン
(10人採用すると74.9万円の収益改善)

中小企業の年間採用人数

企業規模 パターン 採用人数 費用対効果
500人 Aパターン 57.5人 ¥5,532,995
Bパターン ¥4,312,040
300人 Aパターン 34.5人 ¥3,319,797
Bパターン ¥2,587,224
100人 Aパターン 11.5人 ¥1,106,599
Bパターン ¥862,408

算出根拠

採用人数:
日経「スマートワーク経営」調査解説による、500人未満企業の入社人数/正社員人数の割合
費用対効果:
Aパターンの1人あたり費用対効果×採用人数
Bパターンの1人あたり費用対効果×採用人数
について、100人、300人、500人規模の企業で算出

300人規模の中小企業で年間34.5人を採用する場合、CIY®の費用対効果は年間258万円と算出されました。

300人規模で年間34.5人の採用をする企業では、離職による損失を年間258万円削減

 

結果

  • 採用者1人あたり約7.5万円の採用コストダウン
    (10人採用すると74.9万円の収益改善)
  • 300人規模で年間34.5人の採用をする企業では、離職による損失を年間258万円削減

 

この記事は役に立ちましたか?
もし解決しない場合は、「お問い合わせフォーム」から、お問い合わせください。

使ってみたい・
もっと知りたいと
思ったら