fbpx

更新:2022.11.23|公開:2019.08.23

「COLOR INSIDE YOURSELF」なぜこんなサービス名にしたの?

こんにちは、CIY®開発チームの井上です。

性格診断サービス「COLOR INSIDE YOURSELF」。

今回はサービス名を、「なぜこんな名前にしたのか?」にお答えします!

目次

「Search Inside Yourself」という衝撃

ちょうどCIY®のプロダクト開発をしていた時期に読んでいたのが、Googleで開発されたマインドフルネス実践法が紹介された書籍「サーチ・インサイド・ユアセルフ ― 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法」という本です。

Google発、世界のビジネスリーダーが実践する能力開発プログラムのすべて!

なぜGoogleの社員は、楽しく創造的に働き、柔軟性を持ち、優れた成果を上げられるのか? その鍵を握るのが、「心」に関する独自の研修「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」。

− Anazonより引用

マインドフルネスや瞑想を生活に取り入れようと思い始めていた時期で、ワクワクしながらこの本を読み、とても衝撃を受けました。

と同時に、「Search Inside Yourself = 自分自身を探求する」という言葉が、開発中の自己分析サービスにメチャクチャしっくりする言葉だなと感じていました。

「あなたを見つける、あなたが見つかる。」

実は、CIY®のキャッチコピー「あなたを見つける、あなたが見つかる。」の方が、サービス名よりも先に決まっていました。

このキャッチコピーの「あなたを見つける」というコンセプトにも近かったので、「Search Inside Yourself」って良い言葉だな〜とボンヤリ思っていました。

個性と色という概念

もう一つ思っていたのが、「個性」や「性格」の考え方が、「色」という概念に似ているな、ということでした。

社内の開発チーム内で使っているCIY®のブランディングシートには、以下のように書かれています。

この世界に「色」は無限に存在します。世界中の色はすべてが唯一無二で、全く同じ色は存在しないとも言える。

しかし、その中でも人間が視認できる範囲で似た色を括って、「赤」や「群青色」や「錆鉄御納戸(!?)」など、「色」という概念が構築されています。
「性格」や「個性」もこれに非常に近い概念だと考えています。

誰一人同じ個性を持つ人間はいません。
しかしその中で「社交的」「誠実」「協調性が高い」「楽観的」といった括りが「性格」「個性」という概念になっています。

この世に唯一無二であるそれぞれの「個性」を尊重しながら、「個性」を定量的に視覚化する。

『あなたの中』にある『カラー=個性』を明らかにして、自分への理解を深めて欲しい。
そして、その個性を、仕事探しや働き方、生き方に活用して欲しい。

『COLOR INSIDE YOURSELF』という名前には、そんな想いが込められています。

ちなみに、「錆鉄御納戸」は、こんな色です(笑)

「COLOR INSIDE YOURSELF」→「CIY®」として浸透してくれました

「Search Inside Yourself」の本のタイトルと、個性 = 色という概念から「COLOR INSIDE YOURSELF」というサービス名を考えたのですが、最初は、「長い」「わかりにくい」「診断と関係ない」「全部英語ムズイ」など、ネガティブな意見もありました。

しかし、サービス名に込められた思いもあったので、反対意見を押し切りそのままGoを出し、結果的には「CIY®」という略称で多くの方に認知していただけたので、ホッとしています。

長くて、全部英語で、わかりにくいですが(笑)、「自分のことを深く知ること」や「個性という多様性」を大事にして欲しいという想いが込められていて、個人的にはかなり愛着があります!

まだ診断をしたことが無い方は、ぜひ一度診断してみて下さい😃

診断はこちらから!

関連記事