採用課金費用が高い

よくあるご相談

採用課金費用が高い

CIY®を利用することで発生する採用課金費用が高いように感じる。これまでお金をかけずに採用できてきたので費用を払わずに採用したい。
CIY®をご検討いただくにあたって、これまでにいただいた質問へご回答させていただきます。

就活生・転職希望者
はこちら

採用難の時代、費用をかけずに採用することが困難に

企業の特徴

これまでお金をかけずに採用してきた」のページでもご説明している通り、労働人口減少による採用難の時代(求職者が企業を選ぶ時代)へ変化しています。
2019年のデータでは中小企業の新卒採用求人倍率が8.62倍と、日本の99.7%を占める中小企業の多くが採用難に直面しています。

これまで費用をかけずに採用を行ってきた企業が、これまでのやり方のまま採用を続けることが難しい環境になっています。
※2020年の新型コロナウイルスの影響で求人倍率が一時的に下がりますが、労働人口減少トレンドは変わらないため、中小企業の採用難は引き続き大きな課題として残ります。

採用することが困難に

採用費用を上回る、早期離職による損失コスト

CIY®のコンセプトは「企業が求める人材にベストマッチする求職者を選考いただくことで、採用ミスマッチを減らし、定着率を高めて長年活躍してくれる社員を雇用いただくこと」です。

CIY®を使うことで、早期離職による損失を減らすことができれば、採用課金費用は安い投資と言えるかもしれません。

・2年で離職(早期離職)する場合の例(費用をかけずに採用)

2年で離職(早期離職)する場合の例(費用をかけずに採用) 2年で離職(早期離職)する場合の例(費用をかけずに採用)

採用した社員の早期離職による損失は企業によって異なりますが、いずれにしても3年以内の離職は企業にとって損失が大きいと考えられます。
※前提|24ヶ月 - 人件費は間接費など含み30万円/月 - 売上(粗利)貢献は平均20万円/月

矢印

・5年定着した場合の例(CIY®を利用して採用)

5年定着した場合の例(CIY®を利用して採用) 5年定着した場合の例(CIY®を利用して採用)

5年定着した場合ですので、もちろんこれ以上長い期間活躍し続けてくれれば、合計のプラスは増えていきます。

※前提|60ヶ月 - 人件費は間接費など含み40万円/月 - 売上(粗利)貢献は平均70万円/月

詳しくは「CIY®を使う8つの理由 > 採用ミスマッチを減らせる」へ

ミスマッチを減らせる

NEXT

よくあるご相談

これまでお金をかけずに採用してきた